海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

今年はトラブル無し

4時間睡眠で大学に。卒論の提出締め切りで、今年の卒論生は今のところ一人も提出が終わっていないので、私が今日大学に行かなければ全員アウトになるわけで、何があっても出て行かなきゃならない。けど、なんかよくわからんけど、体が軽いの。昨日まで太もも…

ワンコイン

結局連休3日目の今日も晴れている。こんなことって滅多にないよね。つうことで9時半に滑り出し。ゲレンデは人が少ない。まだ連休だってのに、逆に最後の日は朝から帰る人が多いんかな。で、はんの木とかも気持ちよく滑れて11時過ぎには早めのお昼ご飯。ぶー…

老骨

太ももが痛い。。。死ぬる(死なんけど)。。。その上朝起きたら卒論原稿が届いていた。。。必死に添削したらもう一通来た。。。ごめんこっちは夕方に回す。つうことで今日は9時半にゲレンデに。今日もさくさく滑るけれど、お昼ご飯食べた後でぶーちんが行く…

前傾姿勢

つうことで、6時半に朝ご飯食べて7時半すぎに出発。ヨメサンが車からでいいから松本城を見させろ、というので方向違いに5分ほど走ってから北へ。今回はひいきの宿が取れたので栂池で滑る。連休だし道が混むかな?と心配だったけどそんなこともなく9時過ぎに…

二年ぶり

冬はスキーの我が家なのだが、ヨメサンが議員になったもので2月3月は議会のせいで家族でスキーには行けなくなってしまった。そのうえ去年なんか、上の子が受験だったから、ずっとぶーちんと私の二人だけでスキーにいったものであった。あげく来年はぶーちん…

勝利宣言撤回

一時間目やって、その後15時まで卒論の面倒を見る。っていうか、もうほとんどにらみ合いみたいになって辛い。締め切りの5日前になっても、まだ答えが私の中にあると誤解されているようで、大変に厳しい。が、今日はヨメサンが議員研修に出かけているので、晩…

帳尻合わせ

つうわけで2019年最初の授業。といっても、来週は最終週だしほぼまとめで終っちゃうので、レギュラーにやるのは今週だけ。ってなると、まあなんか腰の入り方が中途半端になっちゃうのは否めないかな。立ち講義1つと少人数授業1つやって来年からシラバスの書…

5歳クラスは6歳

大山鳴動してネズミ一匹、という言葉の意味を実感した日。こうならないように慎重に何度も確認しようとしたつもりだったんだけど、ずっと話をぼかされ続けたので、私も真実から離れる方向に誤って進んでしまった。今なら、ぼかす行為がなぜ起きたかなんとな…

あまりにも遠い北京

今年は卒論の進行が例年になく遅く、来週が締め切りだと言うのに、まだ方針が固め切れていない人がいて、そうなると顔突き合わせて話でもしてグッと進行させないとヤバいことになる。ので、まだ大学は開いていないにも関わらず今日は研究室に行かねばならな…

台風の後始末

冬は薪狩りの季節である。去年は台風のおかげで倒木がたくさん出ており、直後から持っていっていいよと言われていたのがあるので、今日やっと切り出しに行く。ここは重要文化財の敷地の中で、指定されている建物も地震と台風でかなり傷んでいるのだけど、重…

弥縫策

「まっすぐしなやかに働く しごとの「わ」術」を読んだ。いやそれお前のいつもの読書傾向とまったく違うじゃん?どうしたの天変地異でも起こるの?みたいな突っ込みはヤボなので御遠慮いただきたい。ちゃんと理由があるんだよ!いつかわかるよ! で、感想だ…

他山

本気出さなかった。今日も一北京。世は仕事始めかもしれないが、私の勤め先はまだ休み中なので、別に良いんだ。オレの冬休みはまだ明後日まで続くんだ。ところで、昨日のこと、隣の隣の市にある某本屋さんを初めて訪ねてみた。以前から良い本屋だと噂は聞い…

休みの日に書かずにいつ書くというのか

原稿を書かねばならない。おおよそ一日一北京書けばいいなと思っており、12/30から昨日まで4北京書いたので良いペースである。しかし今日は失速して0.5北京しか書けなかった。こんなこっちゃいかんよ。三が日も今日までなので明日から本気出す。

引き続き読書

「世界神話学入門」を読んだ。各地の神話の類似性と人類の分布拡大とを重ね合わせると何が言えるか、という本。この本によると、世界の神話は、ゴンドワナ型とローラシア型に分かれるらしい。ゴンドワナ型神話には世界の起源とかなく、はっきりした物語性も…

習慣

今年も元旦は内田樹の本を読む。振り返ってみると2010年から一年を除いてずっと読み続けている。オレも義理堅い。で、昨日はせしょで仕入れておいたのは「ローカリズム宣言」。まあ、無限の成長を前提とする資本主義経済ってのはいつかは破綻するわけで、昨…

すばらしき新世界

いろいろあって、今日はカニを買いに行く。といっても、日本海まで行く根性はないので、近場でだが。といっても、そこらのスーパーじゃなくちゃんと魚屋さんで買ったのだ。つうことで、晩ご飯はカニすきである。上の子とぶーちんが旨い旨いと大騒ぎだ。で、…

正しい帰省

三日前に課せられた課題に対応すべく1.5北京書く。あとはヨメサンがソウルフードだという団子屋とうどん屋と餃子屋につきあう。食ってばっかり。どうでもいいけど、餃子屋には入り口に、好きに持って帰ってください、といってキャベツまるごと置いてあるわけ…

なかったこと

つうことで、今日から一泊二日でヨメサンの実家に。10時に出発するという話だったけれども、実際にでたのは12時過ぎてたという。怖れていた渋滞もそれほどではなく、16時前に到着。とりあえずお酒飲んでご飯とか食べてたら眠たくなって寝てしまう。まあ許せ…

仕事納め

世は仕事納めであるが、私の勤め先は昨日からもう閉まっているのである。にも関わらず、この職場嫌いの私が勤め先に出ていくのは、今年の卒論生の動きがこれまで鈍かったので、追い込みのサポートをしなきゃいけないからだな。で、何時に来るのか良くわから…

みーはー魂炸裂

一時期、忘年会日照りに陥ってすっかり世を拗ねていたものだが、今年は既に2回こなし、今日も忘年会である。といっても今回のはいつもと違う。あのミシマ社の忘年会に呼んでもらったのであるよ。今度本出す予定なので。あのミシマ社ですよ。東京にいたときか…

使えないSPSS

一週間ぶりに大学に来てみた。卒論の締め切りまであと20日なわけで、卒論生と進み具合について話をするためである(指導、という言葉は好きじゃないから使わない)。なんせまだデータ解析さえ終わっていない段階である。っていうか、12月の初めには、こうい…

ネジ巻き

2018年は、自分が主著者である論文を一本も出すことができなかった。痛恨である。ヨメサンの支援に手をとられ過ぎたのが原因だ。ワークライフバランスをもっとちゃんと考えねばならない。ということで、この冬休みの間に、書きかけの原稿を何とか完成させる…

新編 ワインという物語

大岡センセの「新編 ワインという物語」を読んだ。いつもありがとうございます。本書は、天下にとどろくグルメかつ呑ん兵衛であるところの大岡センセが、聖書からドン・キホーテまで、ヨーロッパの古典を、当時の人のワインとのつきあい方、という観点から切…

おつりが来るほど寝た

ヨメサンが朝から仕事があるので、昨日(というか今朝)寝たのが5時を回っていたにも関わらず9時に起きてヨメサンをたたき起こす。しかしその後も何度も何度も昼寝を繰り返し、完全に一日を失ってしまう。ここまでよく寝たのは久しぶり。

底抜け

いよいよ年の瀬。今日は近所の人とウチで忘年会。お客さんが来てくれるとウチの中をキレイにしようという動機が生まれるので、この年末に大変ありがたいのである。つうことで、朝からヨメサンとお片づけ。食べ物は持ち寄りなのでウチは例によってピザを焼く…

背徳の内職

ヨメサンは3ヶ月に一度開かれる議会が終わるたびに、内容を報告するニュースレターを作って全戸配布を行い、また公民館で公開の議会報告会をするのを今のところ欠かしていない。えらいもんだ。ということで、今夜は議会報告会の日。私も徴発されて、会場の後…

数と量

ひゃっほう今日で年内の授業は終わりだぜい。幸せである。あとは年明けに8コマを残すのみで、そのうち1つはまとめなので、半年を振り返ってダラダラ喋るだけでよく、もう1つは卒論提出で最終確認してハンコつくだけ、さらに1つは学生に書き物させるだけなの…

義満

昨夜から今日にかけていくつかうれしいお誘いがあった。そのうちの一つが、出身研究室の大先輩であるところのW田さんからのもので、博物館関連のNPOの理事になれ、というもの。私は基本お誘いは断らないので、もちろん受けるところであるけれども、最初のお…

だから民営化なんて

少人数授業で、友達ってなんだ?と言い出した学生がいて、参加者に順々に訊ねていくということを始めた。で、一通り皆に喋らせた後、私の方を見て「先生は友達って、、、いるんですか?」ときたもんだ。まあ、半分あってるんだが。親友とか言われたって良く…

2つのわからなさ

文章のわからなさ、ということについて最近考えている。もちろんそれは、今が卒論添削シーズンだからと言うこともあるが、それだけではない。で、今の暫定的な理解と言うのは、わからなさ、についてひとまとめにして考えてはいけないということだ。二種類あ…