海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

老兵は死なず

8:30に飛行機は無事着陸して、ヒースローで出国手続きがなかったとか言ってもっかい戻って手続きしてこいとか言われて追い返されたら笑える、とか思ってた入国審査もなんなく通過。9:10には外へ。あづい…なんじゃこりゃオレこんな土地で生きて行くの無理とか思いつつ乗り換え面倒なのではるかの切符を買う。そしたらその間に30分に一本の便が出ちゃって、ほぼ30分灼熱のホームで次の便を待つ。立ってるだけで汗だくいやん。11時過ぎに帰宅して、大お土産開封大会。ヨメサンがゴーヤチャンプル作ってくれたので2週間ぶりに白米のお昼ご飯。やっぱりコメが一番うまいよ。そして、2時間ほど仮眠してから、とどこっている諸々を片付ける。最も大事なのは、某学会のサイト更新で、ポルトガルについた翌々日に依頼が来たけど、現地からはどうやっても更新できなかったもの。ほぼ10日遅れで更新に成功。どうもサーバーが海外からの接続を撥ねる設定になっているらしい。知らんかった。で、もう一つは別学会の事務仕事で、これは1週間忘れてたの。それから授業の成績を登録する作業をしてから、編集長としての論文読みを二本。そういえば昨日の機内で見た「最後の追跡」、調べてみたら日本では公開もされていないけど、アカデミー賞にノミネートされたくらい評価の高い作品だそうで、そういうのをなんの予備知識もなく見て、ちゃんと面白い作品だと感じられるわけだから、オレの鑑賞眼はまだ機能しているらしいことがわかる。ちょっと嬉しい。