海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

ブラック大学

上の子が大学生になって、ここのところ毎日オンラインガイダンスで画面を見る日々。「お父さん、これだるいんですけど」って、何を言ってるんだチミは。私の勤め先の新入生なんて、毎日対面ガイダンスなんだぞ。出かけなくて済んでいる君はどれほど恵まれていることか。と指導を行う。っていうか、そういう意味で、ウチの子の通う大学はしっかりしていてよろしい。というわけで、今日の私は勤め先でガイダンスをする側である。よくその理屈はわからないのだけど、学部長は新任教員の研修に座ってなきゃならない一方で、ガイダンスの進行とかは全部他の人にまかせていて様子をよく知らなかったりするのだな。変でね?まあとにかく、よくわからないままガイダンスに参加して、学部長は挨拶するものだくらいの常識は私にもあるので、一応考えてきたスピーチを数分する。で、後はなにやるんだろうって見ていたら、ひたすら学生に動画を見せてるじゃん。これ、、、オンラインで全部事足りるのでは、、、いや、実際に集まることで新入生が知り合いになる効果はあるとしても、部屋に若い人が2時間近くも詰まってる状況は、あらかじめ動画見とけ、ってすることで回避できるのでは????で、私としては、人が詰まって、呼気がうまく排出できていないことが入口付近で既に感じられる教室に入るのはどうにも怖いので、換気のよい廊下から眺めていただけだという。で、終って、まだ夕方には早いんだけど、道路混雑回避のために早めに引ける、と、途中で素敵なメールが届いて歓喜雀躍。

変化に合わせようよ

オレ気がついたんですよ。何と明後日から授業が始まるの。で、去年は一度も立ち講義をしていなかったのだけど、無能な政府のおかげで、この状況にも関わらず、今年は対面授業をしなくちゃならないわけ。なのに、その準備をまったくしてないのだわー。ヤバイ。ずっとオンラインだったので忘れてた。もし今年もオンラインであれば、去年作った教材を使って準備自体はいらないはずだったのだが、、、で、慌ててシラバスを見てみると、オレ、反転授業やるって書いてるじゃん。そうか去年の動画教材を有効利用しようって考えてたんだな。えらいぞオレ。いやしかし、だとすると完全に去年の動画を使い回すわけにも行かず、今年用の調整作業が必要じゃん。がーん。ということで、ギリギリのタイミングで取りかかり始める。しかしだな、調整のために新しいナレーションを自宅で吹き込もうと思うと、外から街宣カーの騒音が聞こえてくるわけよ。なんせ選挙前で、しかもウチの前は格好の街宣スポットなのである。いいかげんにしろー、うるさいぞー、テレワークの時代になに考えとるんじゃ!!って苦情を言ってやろうかと考えたのだけど、よく考えたら、私が言うとヨメサン支援のための嫌がらせに見えちゃうじゃん。できないじゃん。くううう。ということで、ひたすら耐えて、騒音の合間に録音を進める。いやしかし、時代は前とは変わってるわけよ。選挙期間中といえども、学校の周辺での大きな音を出すのは禁止されてるわけで、リモート授業によって、その学校の空間範囲が薄く拡がってるわけよ。マジで住宅地での大音量の選挙活動を禁じていいんじゃないの?夕方、転勤で大阪に戻ってきている勝Pさんと互いの地元であるところの某駅周辺で落ちあい、地元だと逆に飲んだりしないよねえ、みたいな話をする。まあつまり飲んだわけだ。いや、この状況でリスクはあるけど、他の人が緩みまくってる中で、オレだって少しくらい楽しいことしたい。フリーライダーの利得を得たっていいじゃないか。ということで、コロナ禍が始まって以来二度目の外飲みであるよ。電車に乗るのも今年二度目とかでは?で、この店、アクリル板も何もないし、他の客も大声で騒ぎまくっているけどええんかいな。ということで、3時間ほどいろんな話をした。一応、言い訳すると、自分のお仕事に関連するお願いも少ししたのであるよ。で、帰り道某所で道草。帰ってきてから、そこでの話を反芻してみたけど、やっぱ変ですよそれ。

マネージャーとして

選挙が近いヨメサンはやること山積で毎日ぴりぴりしている。横で見ている私としては、ちょっとこれもたないんじゃない?と思うわけで、今日は1日お休みにしてみたらどうか?と提案してみた。当然アクセプトである。まあそうは言っても、完全に心休まるわけではないと思うが、ともあれ休むんだという意志を持つことは、メンタルのために大事であろうと思うのね。つうことで、マッサージに行こうかしら、とか、夜は外食かな?とか朝はいろいろ言っていたわけだが、天気もイマイチだったし、結局何もせず2人で家の片づけと畑の作業をしただけだという。いや、必要なのはそういうことですよ。

チョロ過ぎ

土曜日なのに大学に行かなければならない。4月から大学に来る新任の教職員に対する研修というのがあって、そういえば私も10年前に出させられたものだが、何とそこに学部長がいなきゃならないのだそうな。何のために?そもそも私のいる学部には新任教員とかいないのに?まあそれでも10年前ならこの研修、一泊二日のスケジュールで、夜は宴会だわ初対面の人と同室で宿泊しなけりゃならないわで、あの時は「オレもうこんなの耐えられない」とか思ったものだが、それに比べると宴会も宿泊もなくなって、こっそり言うけどビバコ○ナである。で、去年は研修自体が無くなってビバビバだったのだけど、今年は緩んでいて(こんなことだとまた感染爆発だ)研修はさせられるわけ。朝の10時から始まり15時まで、で、その後某寺に行かなきゃならないということで、1日が無為に、まさに無為に潰れるじゃん、という。いや、オレは真面目な人間だから、必要な仕事には熱心に取り組む人なのよ。出もその裏返しで無為に時間を奪われるのが世界で1番キライなの。ということでどんよりなのだけど、昨日入学式が短くなった諸般の事情によって、研修のスケジュールが短くなって、10時半から12時半までになった。で、某寺もいかなくて良いことが判明(実は行かなきゃと思っていたのはオレの誤解だった)して、主観的にはめっちゃ負担が小さくなったので、オレ、今日は超機嫌がいいのよ。ちなみに、研修の間は、ずっと某原稿のためのネタ探しで論文読んでたのよ。

置物

式と名のつくものは行列式とか漸化式とかを除いてみな遠慮したいと思っている私ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。そんな今日は入学式で、大学に無事入学できた学生さんには申し訳ないのだけれど、学部長として黒いスーツで檀上でかしこまっていなければならない当方としてはとてもどんよりする日なのであります。だいたい新入生にとっても檀上に座っているのが誰かなんてどうでも良いはずで、つまり私なんかお飾りとしてそこにいるわけですよ。まさに人間疎外。そして、去年はおかげさまでやらなくて済んだのに、今年は関西圏でおそらく変異株が爆発的に増えているのに、と思うとどんよりもさらに増進。なんか会場に着くと、新入生は盛大にお喋りをしていて大変賑やかで、ついついウィルスで充満する体育館、みたいな図が頭に浮かんできたりして、逃げ出したくなる。しかも、今の勤務先では新入生を全部収容できる会場がないので学部ごとに二回に分けて式をするので、こちらも二回同じことをしなきゃいけないわけ。で、開始。こうなったら心を無にする訓練である、とやってみたら、はっと気がついたら終っていた。わー、オレ、1段高いステージに上がったの?と思ったらば、一時間の予定だったところが35分で終わっていた。諸事情により1つスケジュールを省略したらしい。ささやかな喜び。で、13時から始まって、終るのは17時になるのかなあ。それからだと渋滞を回避して帰る事になるので帰宅19時半かなあと思っていたらば、16時過ぎに終ったので、これは!と思って急いで帰宅。飼育ケース内でのマルゴミグモの造網に成功したのでエサをやるのだ。これが上手く行って、ケース内で張り替えをやってくれるようになれば継続飼育に目処が立って、去年ほとんど進展がなかった科研費の研究を進める道筋が見えてくるってもんだ。つうことで17時半頃に帰宅。庭のカモミールの上にいた、何か小さな虫(もう老眼でよく見えない)をつまんで網にかけてみたらちゃんと食ってくれたよ!わーい前進前進。

グチ始め

2021年度だ。これから1日1日が過ぎる度に、オレの学部長の任期も減っていくのだ。いや、これまでも減って行っていたのだけど、今日からは残りの日数の方がこれまで耐えてきた日数よりも小さくなるわけで、今日からの累積辛さは、今まで経験してきた累積辛さより小さくなるのだ。うれひー。いや、そういうのは単に物の見え方から来る錯覚で、別に今日が何かの節目になるわけじゃないのだけど、良いんだよそんな理屈なんて!とにかく折り返し地点をすぎたんだよ!!で、早速今日から会議。。。

また会う日まで

今年度も終りということで、去年の4/1から毎週水曜日に連載していた京都新聞のコラムも最終回。週一連載なんてオレにできるのかしら?とおっかなびっくり始めたものの、原稿を書くことには何の苦労もなかった。締め切りに追われて逃げ出したくなる、みたいな経験もできずに幸いといえる。まあ一度大きなミスをやらかしたけどね。連載の評判もよろしくて、最近は「読んでます」といってもらえることも時々あって、オレ的にはうふふんと思っていたので、ここで終了というのは少し残念なのだけど、まあいつまでも紙面を占領しているわけにもいかないので、やむを得ない。で、悦に入って、何を書いたか振り返ってみたのだけど、やっぱり連載前半と後半を比べると少しタッチが違うのね。前半は、少しオズオズとしているところが感じられる。特に生き物以外の話を賑やかしで書くところ。後半は、もうそのへん箍が外れて好き放題書いている感じ。何がトムクルーズやねん>オレ。ああ、まあしかしこの毎週のやつが無くなるのは寂しくなりますね。さて今日は午前中に耕耘機借りて今年の田植えの準備で田んぼを耕し、午後は年度内に片づけたいジャーエソ周りの支払作業および雑用少々で終る。