海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

今年はトラブル無し

4時間睡眠で大学に。卒論の提出締め切りで、今年の卒論生は今のところ一人も提出が終わっていないので、私が今日大学に行かなければ全員アウトになるわけで、何があっても出て行かなきゃならない。けど、なんかよくわからんけど、体が軽いの。昨日まで太ももパンパン腰もがたがただったのに、今日はなんからくちん。どうしちゃったのオレ?で、提出直前の卒論を見るのだけど、オレ、来年から性善説で指導するのをやめようと真剣に考えさせられたのよね今年。午後、1回生向け少人数授業。スケジュールのあまりで、半年の振り返りをしようと思っていたら、受講生からこういう時はお菓子パーティーをするものである、と主張され、このおとなしい学生たちが珍しく主張する時は基本的に受け入れるべきと考えている私としてはお菓子を買ってあげざるを得ない。つうことで、受講生がかしましい中、私は原稿を書くのよ。で、卒論を全員出させて夜会議して帰ってくる。眠いよオレ。

ワンコイン

結局連休3日目の今日も晴れている。こんなことって滅多にないよね。つうことで9時半に滑り出し。ゲレンデは人が少ない。まだ連休だってのに、逆に最後の日は朝から帰る人が多いんかな。で、はんの木とかも気持ちよく滑れて11時過ぎには早めのお昼ご飯。ぶーちんが毎食バーガーキングで食うとうるさく、あそこは混むからピーク時を避けなきゃいけないのでね。で、12時過ぎには店を出て滑るの再開なのだけど、そこでチャンピオンに行ってみたら、ちょっと雪がざくざくし始めていて、人生前向きになって滑るのも美味くなったヨメサンがかっ飛ばしていたら、好事魔多し、板が引っかかって外れて大転倒。なんか、短くて軽いほうが楽だからって、中学生の頃の上の子の板を履いてたんだけど、上手になってスピードも出てきたヨメサンの体重を支えきれなくなっていたらしい。で、下で見ていた私も心配になるほどの派手なコケ方で、こりゃもう午後はヨメサンはめげて滑るまいと思っていたら、まあ足も痛いし休んでる、とのこと。じゃあってんで男三人で14時半まですべって、ヨメサンの休んでいるコナユキカフェで合流。足の痛みはひどくってもう一ミリも滑れないから宿に帰ってるとヨメサン。かわいそうに、と思うが、滑るのをやめるわけにも行かないので、その後もリフトが止まるまで滑り続けて今日はなんと44本。すげえペースだ。3日合わせて115本であるが、その間のリフト券代は11200円なので、つまり、一本当たり単価は97円。まあくたくた。で、いつものように白馬飯店で晩ご飯食べてサービスの杏仁豆腐いただいて、Aコープでお買い物。ヨメサンが足を引きずっているので大変に時間がかかる。なんか痛みが増しているらしいのだけど、足首もひざも関節はちゃんと曲がっているみたいなので捻挫じゃないし、歩けてはいるから骨をやってるわけでもなさそう。ということでエアサロンパス買って痛みをごまかしてかえることに。白馬飯店で料理が出るのに時間がかかったことも合わせていつもと比べて出発時間が一時間ほど遅くなり1930白馬駅発。しかし、いつもより遅いせいか道が空いていて、ノンストップで走り続けたら2359に自宅に着いた。ギリギリ間に合ってうれしいけど、別に何か得をするわけではない。で、着いたら添削すべき卒論が待っているので、泣きそうになりながら読む。なんせ明日締めきりだからいまやらなしゃーない。で、本来ならずっと運転していた私は荷物の片づけとか一ミリもしないのだけど、今日はヨメサンが動けないので片づけもやらなきゃいけない。大量の洗濯物もあるので洗濯機二回回して、やっと27時に就寝。9時半からほとんど休まずスキーしてその後白馬から一人で車運転して帰り、卒論添削してからひたすら家事して、って、我ながらオレもようやるわ。

老骨

太ももが痛い。。。死ぬる(死なんけど)。。。その上朝起きたら卒論原稿が届いていた。。。必死に添削したらもう一通来た。。。ごめんこっちは夕方に回す。つうことで今日は9時半にゲレンデに。今日もさくさく滑るけれど、お昼ご飯食べた後でぶーちんが行くというので馬の背に入ったらのが大失敗。太ももがもうダメで、やっとの思いで下りてきたけど大ダメージをくらったのね。つうことで15時にも一休憩入れてしまい、昨日より一時間早く滑り始めたのに、リフトが止まった時には37本にしかなってなかった。まあいいか。で、宿に戻って卒論添削して、晩ご飯食べて(今日はお昼を軽くしたので食べきれたぜ)、原稿書こうと思ったけど気力が続かず21時過ぎから爆睡。

前傾姿勢

つうことで、6時半に朝ご飯食べて7時半すぎに出発。ヨメサンが車からでいいから松本城を見させろ、というので方向違いに5分ほど走ってから北へ。今回はひいきの宿が取れたので栂池で滑る。連休だし道が混むかな?と心配だったけどそんなこともなく9時過ぎに到着。だらだらして10時半から滑り始める。雪が少ないってきいていたのでブッシュとか石を踏むのを覚悟してきたけど、そんなこともなく雪面はクリアー。雪質も良いし天気も良好。予報によると3日とも晴れてるみたいで、一月の連休でこんなこと滅多にないようれしいな。っていうかそれって雪の少ないのと引き換えだよねこれ。で、滑り出してみると、なんかヨメサンが上手なんだよ。良く考えてみたら、仕事始めてから最初のスキーで、社会参加を経て何事にも前向きに取り組むようになったヨメサンだが、それがスキーの上達に繋がったのならたいしたものである。で、私だが、今季初めてのスキーということで、まだ体が硬いのか、滑ってるけどどうも足に力が入ってしまいいかんよ。すぐへばる。そんなわけで、リフトが止まるまで滑ったけれど34本に留まった。夜は、美味い陶板焼きで腹いっぱい。死ぬかと思うくらい食べた。で、1北京ほど原稿書いたよ偉いでしょ。

二年ぶり

冬はスキーの我が家なのだが、ヨメサンが議員になったもので2月3月は議会のせいで家族でスキーには行けなくなってしまった。そのうえ去年なんか、上の子が受験だったから、ずっとぶーちんと私の二人だけでスキーにいったものであった。あげく来年はぶーちんが、そして再来年はまた上の子が受験だ。つうことで、この1月は、ここしばらくを考えた時に貴重な家族スキーのチャンスなのである。で、明日から連休。ここで行かずしていつ行くねん、ということで、ヨメサンが研修から帰り子供たちが学校から帰りしてから、長野に向かって移動開始。ああもうすっかり遅い時間だよ。昔はもうちょっと早い時間に出発できたものだけれど、家族もみんな忙しくなっちゃってさ。つうことで、てんてれ走って今日は松本の裕福な仕事人ホテルに投宿。明日に備えて即寝る。

勝利宣言撤回

一時間目やって、その後15時まで卒論の面倒を見る。っていうか、もうほとんどにらみ合いみたいになって辛い。締め切りの5日前になっても、まだ答えが私の中にあると誤解されているようで、大変に厳しい。が、今日はヨメサンが議員研修に出かけているので、晩ご飯の面倒は私が見なくてはならない。ので15時を回って早引けして帰る。16時からひたすら家事して19時から町の寄り合い。21時に帰宅して更に家事。あかん原稿全然かけてない。

帳尻合わせ

つうわけで2019年最初の授業。といっても、来週は最終週だしほぼまとめで終っちゃうので、レギュラーにやるのは今週だけ。ってなると、まあなんか腰の入り方が中途半端になっちゃうのは否めないかな。立ち講義1つと少人数授業1つやって来年からシラバスの書きかたが変わるっていうのでその説明会を聞きに行ってみる。で、がっかりするやら腹が立つやら。終って、卒論の面倒をみる3時間。STATAで2反復要因分散分析をしてあげる。学生の使うSPSSでもできると思うんだが、当人がやってみてもうまくいかないというし、私もSPSSの使いかた良くわからんし、せっぱ詰まってるし、もうチャチャッとやってやるのが早いからね。