海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

大嫌いなグループワーク

町では、様々な施策を計画に基づいて行っていくのだが、その計画にもいろんなランクがあって、そのもっとも上位のものを総合計画というらしい。これがこの先10年の町の方向性を決めるとても大事なものなのだとか。で、それが近々改訂の時期とのことで、町は住民を集めて、どういう方向性の計画にするか考えるワークショップをしようということになった。で、参加する住民を募ったわけだな。つうことで、手を上げていいのかよくわからなかったけど上げてみたら当選してしまった。ということで朝はそのワークショップ。まあ、駅前開発反対とかずっと言ってるわけだけど、そういうことしていると、この町には古色蒼然とした考えの人がたくさんいることがわかってきて、こういう会にその手の人が町と関わりのある団体の代表としてたくさん入ってくることも知っているわけ。で、そういう古い考え方の人に将来のことまかせてたら割り食うのはこちらなので、黙ってもらわなあかん、とケンカする気満々で乗り込んだのよね。私の他にも知り合いが何人か当たっていたので、そこは心強いところ。で、会場である議会の委員会室につくと、なんか日曜のカフェみたいな音楽かかってて、何和やかな雰囲気作り出してんじゃねーよこっちは殺伐としてえんだよ、てな事思うわけ。のでワークショップが始まって司会が一通り狙いとか進め方とか説明を終えて、参加者がいくつかのグループに分かれさせられそうになったところで、ちょっと一つその前に、と手を挙げて質問。この会の成果はどのように活かされるのか?と。こういうのをお飾りにして、実際は行政が自分たちの好きなようにやるってのはよくある話だから一応牽制かけとこうというやつだな。そしたら、他にも何人も質問する人がいて、良い感じやねこういうの。シャンシャン会じゃなく殺伐とする雰囲気むんむん。いや、もちろんこういう会では相手の意見を否定しないというルールがあるのは知っているが、間違った事実認識で意見を述べる人がいればやっぱそれは咎めないといかんからな。で、グループに分かれて意見交換。私のところには6人いてそのうち二人が高校生だ。で、喋ってみると、おかしなことをことさらに言い立てる人はいなかったので拍子抜け。なんだよケンカする気満々だったのに、みんなまともじゃん。まあ高校生二人は今どきの考え方の人だし、もう1人はそもそも私の知り合いだ。で、もう1人はあとから聞くと魚の分類で博士号を持っている人らしい。当然まともだ。こうなったらあと1人がどんな人でももう雰囲気は決まったようなもんだ。ケンカする必要もない。ってか、広く参加者を募集したら当然まともな人が多くなるに決まっている。これまでそうならなかったのは、一部の人だけでこういうのを回してたからだよ。ということで、二時間かけて町の良いところと悪いところを出し合った結果、3つのグループでほぼ同じような内容で、昔からみんなが知っている常識的なものになった。なんだいじゃあ別にこんなのしなくても良かったんじゃね?と思ったのは内緒だ。ところで面白かったのは、話し合いで出た意見をカードに書いてそれを模造紙に貼るってな、なんか典型的なグループワークとかこの年になってさせられたのだけど、その模造紙に貼る段の仕切りを高校生がさくさくやってたことで、まあ今どきは学校でこういうの散々やらされているわね。私なんかとは年期が違うわね、と思った。つうことで、逸った心のもって行き場がなかったのだけど、まだ来週があるからね。で、昼からはオーガニックマーケットを冷やかしてからイノシシ獣害についての講演会。町の環境団体主催のもので、いつもあまり人の集まりが良くないのだけど、今日は80人定員の部屋にみっちり人が。これ、イノシシで困ってる人がたくさんいるってことじゃんね。で、講演会が終わったら16時半。今日は良い天気でサツマイモ掘りに最適だったのだけど、もう無理っぽい。まあしゃーない。夜は飲み会。クレーマーの手口を実演する会。いや、程よい緊張感ってのは必要なのよマジで。

夫婦漫才

つうわけで、今日は最寄り駅の前の本屋さんで、生き物のお話会。このイベントも毎年やっててこれで3回目。さすがに同じ人が毎度喋るのも聞く方も飽きてくるのではないかと思い、今回は新趣向でヨメサンを投入してみた。カメの話をしてもらうのも一興であろうし、一応本屋のイベントであって、こないだカラスの肉を食う本にヨメサンが出ているのをフックにできるよな、ということもありだ。いつものように3時と19時の二部制。各一時間半。今日はなんか町ではイベント目白押しらしくって、昼の部は人が少なめと聞いていたところ、フタを開けてみれば10人以上お客さんが来てくれて、一組なんか豊中からわざわざ電車で来てくれたという。春にお母さん向けに講演やったこども園の御家族である。ちょっと恐縮。で、本番。ヨメサンがイマイチぎこちなかったけど、まあこんなもんでしょう。で、終わって外に出ると、こないだから準備していた駅前開発反対の署名活動がおこなわれていた。本来、私も手伝うべきところ、ゴメン今日はまだやらなきゃいけないことが、と言っていったんウチに帰る。で、子供らを連れてもう一度駅前に。本屋のお隣のカレー屋さんで晩ご飯。何と今回のイベントは有料になってて、本屋さんから今夜の一家の晩ご飯代をいただけることに。ありがたくみんなでカレー食う。さて夜の部。こちらは満員ということで、フタを開けてみたら全員知り合いだった。ということで、急遽話の組立を変えて、ヨメサンをメインに押し立てて進めてみた。知り合いばかりという事で、ヨメサンも今回はリラックスして上手にしゃべってくれたので、夜は私はあまり喋らなくてすんで楽ができたという。カメのアレの話で大受けでしたわ。これで本屋さんの売り上げに少しでも貢献できれば何よりでありますよ。

自給自足

ぶーちんの職業体験は今日まで。地銀に行ってるぶーちん、親が口座を作ってくれるならその作業を体験させてくれるとのこと。そんなこと聞いちゃったら行かないわけにいかんやんか。地銀も涙ぐましい口座獲得の努力である。で、どうせなら親の口座作るんじゃなくって、本人の口座作ればいいんじゃね?自分の銀行口座自分で作る体験なんてなかなかできないんじゃね?と思いながら、明日の本屋さんでのお話し会の準備を中断してヨメサンと銀行へ。いたいたぶーちん。なんか別室でお友達4人と書類にハンコ捺してるよ。すると支店長が出てきて丁寧に御挨拶してくれて窓口に。するとおねいさんとともにぶーちん登場。通帳のないスマホ口座を勧められるも、いやこの子の口座を作りたいんだけど親のスマホで作れるのか?と言うと、おねいさん難しい顔される。ので、通帳のある口座でもいいんだけど?というとそれで行こうということに。なんかおねいさん優しくぶーちんに指導していて、カウンターの後ろでパソコンまで触らせてくれて、しばらく待ってたらばできましたよ本人の口座。で、またその作業している時の他の行員さんもなんか優しくニコニコして見てくれて、あげくこちらのカメラでぶーちんの様子まで撮影してくれると言う大サービス。記念品までもらって、すげえここの地銀に好感持ったわ。ぶーちんも楽しそうで良かったよ。

 

倍以上

つうことで、朝起きて昨日の晩ごはんのカレーを暖めて食べたのだが、残ったルーを見ると食べ盛りの男の子二人の朝ご飯には心細い感じ。おかしいなあ昨夜12皿分作ったはずで、晩ご飯3人分と朝ご飯3人分だから6皿のはずで、食べ盛りとはいえ倍の余裕を見ていれば安心と思ってたのに、舐めてたかオレ。つうことで朝一で授業。二時間目はお客さんで来月の子ども向けお座敷の打ち合わせ。基本夏にやったのの使い回しだから。で、人の原稿を読む業務にかかるのだけど、なんか急に猛烈な眠気に襲われて30分ほどマジで気を失ってみたら、とってもすっきりした。その勢いで片づけるべきものを片づけ帰ってくる。で、こないだ植え付けたタマネギの苗を見に行ったら、上手く定着してくれた感じ。よしよし。

人間兵器

昨日研修から帰ってきたヨメサンはまた今日から1泊2日で研修に出かける。どんだけ好きやねん。出発時間が私とほぼ同じということで、一緒に自宅を出る。今回の研修は町の議会から行くものらしく、駅に着くと、知っている他の議員さんとか職員さんとかいるので、なんか気恥ずかしくてこそこそと隠れて改札を通過してしまった。何も悪いことしてないのに変だね。で、今日の晩ご飯はカレーだ。明日の朝は木曜日なので私は6時半にはウチを出るわけで、子どもだけで朝ご飯を食べてもらわなきゃいけない。こういうときはカレー作り置きに決まっている。で、明日の朝はお弁当作る時間もないわけなので、今晩のうちに作っておく。鶏のもも肉をバターニンニクでこってり炒めてやったのだ。で明日のお弁当は上の子だけでなく、ぶーちんのぶんも作ったわけ。なんでも明日は職業体験の日らしくて(最近の中学はキャリア教育のつもりなのかどこでもこういうことをする)、給食がないからだな。で、ぶーちんどこに職業体験に行くかと言うと、地銀の支店だ。お客様対応だという話だが。。。。あ、ニンニク炒め。。。。

能吏

ワンオペだが、今回のヨメサンの研修は1泊2日なので今日もう帰ってくる。ので、私の仕事としては朝子どもに食わせて弁当作って洗濯物干すところで終わり。授業に出かけて3コマこなして夜は町の人と寄り合い。ここでまた文書作成の仕事が降ってくる。仕事でもプライベートでも文書作りまくってるオレだ。終って、研修がえりのヨメサンに車で迎えに来てもらって、最寄りの本屋で週末イベントの準備。

デジタルディバイド

勤め先はこの週末が学祭で、今日は片づけ日。ということで、今日は堂々とお休みであるのだ。いや、そうでなくても月曜日は大学には行かないのが通例なので、いつもと変わらんのだけど。で、また今日からヨメサンは研修なのでワンオペになるのだな。晩ご飯はスパニッシュオムレツ。ジャガイモ好きの上の子に好評だった。さて、

kensuke-nakata.hatenablog.com

に書いた、公文書管理に関する問題点を指摘した意見を町に送った件の続きの話だ。この「私の声」という仕組みでは、住民の意見とそれに対する行政の回答が役場のサイトで公開されることになっている。で、先の金曜日にその「私の声」6月分がやっと公開されたのだけれども、なんと私の意見とそれに対する回答が、長すぎるので省略、という扱いで非公開になっていたのだ。むかー!何それ都合が悪いからって隠蔽したって思われるぞそれ、って、役場に文句言いに行ったわけ。そもそも、この件「私の声」に投稿したのは、公文書管理の問題を対面で話したときに応対してくれた職員さんに「この件を広く周知すべきではないか?」といったところ「じゃあ私の声にかけ」といわれたからやったのであって、それが公開されないんじゃ周知も何もない。で、なんで公開しないねん、って言いに行ったら「住民からの御意見はエクセルに入れて管理しているところ、一セルに入る文字数には上限があるので、長いのは省略している」と斜め上の答えが返ってきて脱力する。エクセルかよ!データベースとか使えよ!!というのは、旧態依然でIT力ゼロの役場には通用しないのであって、「じゃあさ、例えば長い意見だけ別ファイルにしてエクセルのセルからはリンク貼るんでもいいじゃん」といったら「検討します」ということだったので矛を収めて帰ってきたのよ。でも、つらつら考えて、そんな文字数制限っておかしくね?って思い調べてみると、セル結合すれば結合したセルの文だけ文字入れられるじゃん。これ使えば良いじゃん!今から行って教えてやるよ!!今日は休みだからな!!!!と思って、もう一度改めて他の人の公開されている意見を見てみると、あれ?他にも長い意見公開されてるじゃん。で、良く見ると、これは1つのテキストを複数のセルに分割して収めてるじゃん。これやってるんだったら、オレのもそうすりゃいいじゃん。やっぱ隠蔽なわけ?!と思って、もう一度役場に行って、ほらこれでできてるじゃん、なんでオレのやらないわけ?と訴えて、公開する方向性をほぼほぼ獲得して帰ってきた。あー無駄な労力。