海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

人生最速(実質上)

そういえば昨日は英文校正に投げていた原稿が返ってきていたのだけど、あまりに浮かれていたのでノータッチだったのね。でも2週間で返さなきゃいけないのに既に5日消費しているわけで、急がなきゃと思って開いてみたら、もうそのまま投げれるじゃん。修正すべき点がほとんどないんだから当り前だ。とはいえやはり投稿には手間がかかるもので、グズグズやってたら完了が16時になっちゃった。あー、でも西の島国はそろそろ始業時間だから、これすぐにでもアクセプトの連絡来るんじゃない?って思ってたら案の定22時過ぎに来たよ!It is a pleasure to accept your manuscript,,,,,in its current form for publication (subject to copyediting) in the XXXXXXXXXX XXXXXXX XX XXX XXXXXXX XXXXXXX. ひゃっほう!!これ、最初に投稿したのが、査読に回る前に、英語をもっとちゃんとして出し直し、っていわれて戻ってきて、実は投稿前に業者に見てもらってたんだけど、しゃーないからもう一度事情を業者に話して見てもらって(っていうかプレミアムサービス価格を払っていたので、ただで見てもらえる権利を持っていた)から再投稿したのが先月24日。つうことは一ヶ月たたずにアクセプトじゃん。なんかここまでスムーズだと逆に不安になるわ。ちゃんと査読してるんか???って、オレ少し前にここの査読者やってたんだった。ちゃんとやってるはずだ(世の中には査読していることになってるけど、3日でアクセプト出したりするところがあることも私は知っている)。ということで、実はこの原稿自分的にはまったく自信がなくって、6月に投稿したけど、なんとか年度内にパブリッシュまで行くかなあ、くらいの見通しだったのよね。それがあーた、この調子だと、これ年内にパブリッシュだよね。ってことは2021年はオレ単著二本出すわけ?すげー。いや、オレ業界では単著の多いほうだと自任しているんだけど、それでも以前に年に二本単著出したのは25年前まで遡らないとないのよね。それって博士号とった次の年でノリノリだった頃じゃん。それと同じような(いやその時は共著をさらに2つ出していたんだが)ことをこの歳になって達成するとは。。。なんか昨日に引き続き良いことが炸裂して怖いわ。っていうか、主著者の論文を年に二本出すのも5年ぶりだったりする。消える前の最後の輝きだったらどうしよう。。。いや実は次の弾が無いのよね。マルゴミグモの交尾も全然進まないし。夏世代もほとんど観察数を増やせなさそうな雰囲気だからなあ(授業と会議で3日連続で世話できないとかあったのが辛かった)。

極私的大逆転

反オリャンピックを貫いて半世紀の私にとって(ちょっと誇張)ちっとも嬉しくない4連休が始まる。本来海の日は月曜日のはずで、私は月曜には授業が無いのできっちり祝日として利用できるはずのところ、木曜日に持って来られちゃ忌むべき祝日授業に借り出されてしまうではないか。ちっとも嬉しくない。が、まあしかし、今年の木曜日はオンライン授業である。祝日だから授業はあっても学部長が出なきゃいけない対面の会議の方はお休みで(なんか不条理な気もするが自分に都合が良いから不問にする)、つまり祝日授業だけど大学に行かなくて良いので、いつもよりは少し精神的ダメージが小さいのである。が、しかし、だ。祝日ということは自宅には家族がいる。そんな中で、2時間目と3時間目というゴールデンタイムに居間を占領していいものであろうか?いや、2階に一応自分の机はあるのだけど、そこにはエアコンがなくて、扇風機の風を浴びながらZoomするのはさすがにノイズがあるのでダメだから、エアコンのある居間を使わざるを得ないのだ。それはさすがに家族にかける迷惑が大き過ぎる。やむないこれは大学に行かねばならないのか?とどんよりしていたのである。ところがそこに救世主。なんと上の子まで祝日授業なんだそうな。おかしいな国立大学は暦通りにお休みになるはずでは?いつの間にか国立まで余裕が無くなってきているのか?それはともかく、そんなわけで上の子の部屋が空くので、ヨメサンがそこで仕事をしてもらうことで、大学に行かなくて良くなった。しあわせ。っていうか、今どきの大学生はかわいそうだ。オンラインで授業してあげるオレって、良い先生よね。で、授業していると、火曜日に生まれた可能性の関係でメールが来る。わー、嬉しいメールが来たよ、と授業が気もそぞろになるのだけど、一応抑えて、授業を終えてメールを開封。と、予想してなかった夢のような展開が書かれていて、オレもう月にも打ち上がるんじゃないか、という大喜び。嬉しい時って踊るんだけど、それを見ていたヨメサンが「あんた私と結婚してからのこの20年間で一番長く踊ってるわよ」と指摘される。いやだって、ここのところ、いつかチャンスが来る、と思ってたことがついにかないそうになってるんから踊らざるを得ないわよ。っていうか、不意打ちだったしさ。で、15時45分からの土曜日のカルチャーセンターの打ち合わせも大変気持ちよく、いやー、人生たまには良いことあるねえ。嬉しくないはずだった4連休の初日がひっくり返ったよ。

last two standing

今日から前期の授業の最終週だ。うれしい。ということで2時間目はハイフレックスの立ち講義。ついに教室に来ている学生が2人になった。正直言って、この2人と話すつもりで授業やるのはすごいやりやすい。学生のほうもこの状況で私を無視することはできないわけで、まあ話しかけたらうなずいてくれるわけよ。つまり、両者の関係の不安定さがなくなるわけで、で、多分Zoomの向こうには集中力を保てない人がたくさんいるのだろうけれど、それはこちらには見えないから、こちらが不安になったり調子が狂わされたりすることもない。なんていうのか私は講義とか一人で喋るのが苦手なんだけど、誰か話し相手がいるとすごく楽になるタイプで、聞き手が2人しかいないと、一人で喋ってるんだけど、まるで相手と対話しているかのようにできるから、それで楽なんだな、と思った。いやまてよ、けれど、もし教室にいる2人が、話しかけても反応が帰ってこないタイプだったらどうだろう?それは私には地獄になるのかも。昼からはZoom授業。その後会議1つと、立場上聞いているふりをしなくちゃならない説明会。終わると5時なので、道が混む前に、と思って飛んで帰ってきたけれど、ダメだった混んでいた。

only one step away

火曜日は2時間目が対面授業で、この時間なら電車も空いていて、授業は一コマだけなので、まだ空いている時間に帰ってこれる。のでいつもなら電車で大学に出かけているのだけど、今日は諸般の事情で早い時間に帰れないかもしれず、かつ通常なら車で通勤する木曜日が今週は行かなくても大丈夫そうなことから、今日は車で行くことにした。いや、週3回車で往復するのは面倒なので、2回までに抑えたいのよ。つうことで出かけて授業。昼休みには会議を一つして、午後から京都新聞のいつもの記者さんが来てくれるので今年後半の企画について打ち合わせ。一時間半ほどいろいろと詰める。で、打ち合わせというのはしばしば脱線するものなのだけど、その中から、ひょいとまた新しい可能性の芽が出てきて、それで某氏とつないでもらうことになる。あー、仕事が仕事を呼んでどんどん新しい人との世界が広がる良い循環になっているんじゃね?と嬉しいわけ。で、夕方、早く帰れない理由だった諸般の事情が完了する。あー、これ、もう何年も上手く対処できなかった事案なんだけど、これで一区切りだわ。ホッとした。いや、今回職員さんに助けてもらったおかげでここまで来れた面があって、一人じゃできないことってあるよねー、と思った。で、それは良いのだけど、おかげで楽しみにしていたオンラインセミナーを一部聞き逃しちゃった。まあしゃーないね。で、昨日リバイスしろといわれた原稿を直す。ちょっとしかないのだけど、それなりに修正には時間がかかって数時間。完成したのをプレミアムサービスで無料校閲してくれる業者に投げて今日は終わり。

円熟

論文読みの報告書き。最近、自分の論文本数が減っているせいか、読みを頼まれる件数も減っていて、なんか報告書くの久しぶりで、ちょっと時間取られる。とか思っていたらば、ほぼほぼ完成したので投げようと思っていたところで、また一本依頼が来る。あー、同時に二本抱えるのって久しぶりじゃない?とか思ったけど、できたのをすぐ投げたので、また一本持ちに逆戻りよ。しかしこれから怒濤の一般講演期間に入るので、この一本も早めに終わらせないとね。そして夜、西のほうの某偉大な科学者協会からメール。ギャん!ここに自分の原稿投げてからまだ一カ月も経ってないじゃん。返事が早いのは不吉な印。そうじゃない?少なくとも私の経験的には、良い知らせは忘れた頃にやって来るもの。つうことでどんよりして開封したらば、ありゃ?落とされてないじゃん。っていうか、コメント読んだらむちゃ褒められてて、こちらが対応すべき修正点もほとんどないじゃん。あげく二週間で返せって書いてある。これ、ひょっとして何も修正しなくてもオッケーなパターンだったりして?いや修正するけど。いやしかし四半世紀にわたる投稿人生の中で、こんなに何も言われなかったの初めてだ。オレもついにできる男になってきたのか?

ラストチャンス

ヨメサンのスマホの液晶が割れて、タッチを受けつけなくなったので買い替えに行くという。ついでにキャリアも変えるらしいので、時間がかかる、と。じゃあ、と、その間私はマクドにでかけてコーヒー飲みながら原稿書き。こういうのって、一北京くらいのを書くのに最適よねー。ほぼほぼ書けたところで、またヨメサンを拾って帰ってくる。帰り道、向こうのほうで黒い雲の下で雨が降ってるところと降ってないところの境が見えて、ああ、あれがこっちにも来るのか、と思っていたら一時間ほどで猛烈な雨。で、涼しくなったので、これはチャンスと田んぼの草取りに。今日もしこたま取れるのだけど、稲の丈が伸びてきて、草をとろうと手を水面に突っ込むと、稲の葉先が目に刺さって参った。草取りも終わりかねえ。

地味好き

で、ついにタブチさんと仕込み。朝にオンラインイベントのチラシを馴染みのコーヒーショップとパン屋さんに置いてもらいに行って、昼からお出かけ。法然院で待ち合わせ。で、今日から梅雨明けっぽく、どんだけ暑いのかとビクビクしていたのだけど、ついて見るとそれほどでもなく、ちょっとホッとして、東山に登りはじめる。しかし今年はセミが少ないよね。大丈夫か?とか思いながら、汗だくになって登る。タブチさん的にはカブトムシとかクワガタとかを狙っていたらしいけれど、私はそういうのじゃなくて、蟻道とかそういう生活の跡を見るのが好きなのよ。つうことで、大文字の中腹くらいまで行って帰ってくる。汗だくで死にそう。で、哲学の道も少し歩いて、もうへばったので今後のことを相談して今日は終了。おつかれですー。