海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

セルフクラッシャーヨメ

良い天気で、稲刈り後も放置していたはさかけ用の台を片づけなくちゃと言うことで少し作業。竹で組んだ台であって、雨水が中に入っていたので、ちょっと乾かさんといかんね、ということに。じゃあ、と、ワラを土に漉き込むように細かく切りましょうかということになり、巨大な押し切り器を出してきてもらってザクザク切る。これ、紙を裁断する事務用品があるけど、あれの大型判みたいなもので、地主さんが、くれぐれも指を切らんように気をつけて、と貸してくれたのね。で、最初上手く切れなかったのだけどコツが分かってからはスムーズに行って、ヨメサンにも体験してもらわんといかんし、と替わったのがまずかった。忘れていたけど、クラッシャーヨメだった。彼女のクラッシュは相手を選ばんのであって、手が触れるモのみな壊してくわけで、そんな人に押し切り器なんて与えたらあっという間に指を切るわけよ。ぎゃあというから何かと思えば左手の人さし指から血を流している。うわーやめてえ。とりあえず傷は深くなさそうで指もついているので、ヨメサンはすぐに家に帰り、私も道具を片づけて追っかける、と、ヨメサンが青い顔していて、ぶーちんが病院を探してくれている。で、ちょうど救急病院が開くところ、ということで車で連れていく。聞くと、もう血は止まっているらしいので、たいしたことはなさそうだけど、けどあんな大きな刃物で切ったのだからお医者さんに診てもらったほうが良いからね。ということで20分ほどで到着。切ってから40分くらいで診てもらったかな。傷も浅いし指も動くようなので腱を痛めたわけでもなさそうだから消毒して様子を見ましょう、と言われる。古い道具で切ったので破傷風はどうかなと思ってたけど、それも大丈夫よ、とのこと。良かったねー。ほんと指がなくならなくて良かったよねー。っていうか、ヨメサンは工場勤務とか絶対させられないや、と思った。

ロボ違い

京都新聞のコラムの打ち合わせだけで良い日だったはずなのに、急遽その前に大学に行かなきゃならなくなってドヨン。しゃーないので行って、Zoomのウェビナーを主催する方法について学ぶ。こんなことならミシマ社のイベントの時に出るだけじゃなくて主催側の手順についてちゃんと覚えておけば良かった。終わって、学部運営のことで某氏と相談20分ほど。なんでオレみたいに右も左もわからん人間に決定権があるのかサッパリだ。物事を決める資格なんて1ミリもないと思うんだが。で、時間なのであわてて大学を出て、バスで行くかバスで行くか電車で行くか迷って結局3.5kmほど歩いていく。気候も良いしね。途中ヨメサンに言いつけられた高級な出汁パックを買い物。で、待ち合わせの5分前に到着。先着じゃなかった。。。これが大人の世界というものか。。。いつも時間ピッタリにいくオレって。。。まあいい。気を取り直して打ち合わせ。トムクルーズの何たるかについて一席ぶつ。そして、これは007がピンチに陥った時の感じなんですよー、って言ったら、マジンガーZロケットパンチが連射可能になるやつでしょ、みたいな話になってそうそうって落ち着いたんだけど、後から考えればあれはロケットパンチじゃなくておっぱいミサイルの方だったわ。。。っていうか、これ、いたって真面目な打ち合わせなんですよ。みんなより良い記事にするべく頭を捻ってるわけ。ということで、いろいろ解決して満足して帰ってくる。今日の晩ご飯当番は私。ヨメサンが夜、最寄り駅でモバイルプロジェクター使って街頭演説ならぬ街頭議会報告会をするので、私が子どものご飯担当なの。あー、ヨメサンの任期も後半年で、って事は選挙だからね。で、やってみた結果は、いろいろ改善点はあるとのことだけど、見てた人の話だと、楽しそうで良かったとのことだ。まあこういうのは何度もやって上手くなっていくもんだしね。

ブルシットジョブズ

7時に研究室に来て授業の準備をして編集仕事一つしてオンライン授業。終わってS宮さんと昨日の続き。解析をやり直したほうがよさげという話になるのでお願いする。3時間目は卒論ゼミでまたZoom。そろそろ皆さんのネジを巻かなきゃいかんかな。で、会議3つ。ふーんそうなるんだ。私はそれで良いけどな。ってか、それしかないでしょ。やっぱ動機のあるところが動かんとあかんでしょ。つうことでくたびれはてるのが木曜日の常なのよ。毎週会議があるの、ほんといやだ。

遠くへ来たもんだ

某所とオンラインで打ち合わせということで10時半に大学に出て11時からログイン。10時半大学着のペースだと電車も一両に数人というレベルの混雑度合で乗れるから安心。で、11時。打ち合わせというか取材みたいなもので、いろいろとこちらの持ちネタを喋る。1時間くらいかなと思ってたところ盛り上がって2時間近く。終わってすぐに授業。今日は対面だよ。少し前に採らせておいたアリの同定をしてもらう。私は怖いので少し離れたところで待機。終わって会議して、事務にいったら「今日はどうかされたんですか?」と言われる。基本、ここに来るのは木曜日だけであとは極力来てないのがバレてるようだ。で、15時半からS宮さんとZoomしながらGoogle docで共著論文書き。これ便利やなー。文書編集のコンフリクトもないし、書いてるそばから文法のおかしなところ直してくれるし、独りで書くんじゃないならこれ一番だなー。

ビバ手抜き

そういえば少し前に「英国貴族、領地を野生に戻す:野生動物の復活と自然の大遷移」を読んだ。放任が一番、という話。農業経営がにっちもさっちも行かなくなったので、ほったらかすことにしました、というのが面白い。っていうか良いなあ貴族。で、周囲がこれをなかなか理解してくれないのが苦労の種というのもわかる気がする。管理するのがプライドであるのの裏返しで放置を憎む心証ってあるよね。で、それが年寄りでも若い世代でもなく働き盛り世代だっていうのもあるある。しかしこれと同じことが日本でもうまくできるかって言うとよくわからないな。気候が違うしな、と思った。けど、もうどうにもならん時は放置するのもありだなとは思う。さて今日はオンライン授業一つして夕方畑に腐葉土漉き込んできたよ。

 

声の出演

某原稿のチェックをして、やっぱこれはもう1回投げとこうと思う。で、オンデマンド授業の音声吹き込み。こう、環境破壊とか生物多様性の喪失のことを講ずるに、吹き込みもちょっと芝居がかってエモーショナルな喋り方になってしまった。こういう言い方は私らしくないのだけど、気持ち伝われ、って感じですか?キャーええ年して何いってんのオレ?けど、最近ちょっとそういうギャグのめす気分でもなくなってきてるのよこの手の話題はさ。夕方、畑に行って残していた大量のサツマイモのツルを持って帰ってくる。いつもなら畑に埋めるところだけど、今年は大量にあり過ぎて溢れそうだから一部持ち帰ってきた。これでやっとタマネギの土作りのための準備完了であるよ。

深まる謎

ウチはもう何年も地元のエダマメを種取りしながら作っている。で、最初に教わった通りの日程を守って作ると、もういつも鈴なりになるのである。が、今年はあかんかった。夏に酷暑で葉が枯れた時に花も落ちちゃったようで実がほとんど着かなかったのだな。幸い、今年は田んぼに水が入らなかったので面積縮小した部分とあぜの部分に余った種を蒔いていて、こっちはすこぶる順調に育ったのでここのところエダマメ三昧の日々で種取りの問題もないのである。まあそれはそれでいいのだけど、問題はメインの畑のエダマメよ。もうほとんど実が生らないやと思ってたところ先月の中頃からなんだか小さなさやができ始めて、こうなってくると期待しちゃうじゃん。で、どうなることかとずっと見ていたわけ。しかしこれが一向に大きくならず、そろそろ次のタマネギのために畝を空けなきゃならないわけで、今日あきらめてなくなく全部引っこ抜いたわけ。そしたら、何の抵抗もなくするっと抜ける。何だこれ根が全然張ってないじゃん。見ると根粒菌もほとんどついてないし、これはダメなはずだわ。っていうか夏の酷暑のせいだと思ってたけど、ひょっとして根の張りが悪かったのが不作の原因なのか?だとしたらその理由は何だ?