海の底には何がある

これは日記だ。ブログじゃない。

まさに乱

高橋久美子さんとのトークショー本番。高橋さんと言えば、チャットモンチーの元ドラマーですよ。そんな有名な人と一緒の舞台に出れるなんて夢のよう。こないだは本上まなみさんとも会えたし、なんかオレの人生どうなってるの?って舞い上がるのよね。で、会場は枚方の蔦屋書店。北摂の人間である私からすると、枚方は天然の障壁淀川の向こうに見える別の国。実際河内だ。なので、実は未だかつて足を踏み入れたことがないのであるよ。くずはは行くけど、枚方市駅周辺は通過したことしかないのね。つまり枚方デビュー。ということで、ミーハーだからこういう時は必ずついてくるステージママ兼ヨメサンと電車で高槻まで行ってバスに。阪急始発のバスもあるんだね。便利。13時待ち合わせのところ、12時についてあらかじめ調べておいたラーメン屋で腹ごしらえ。中華そば風で、ヨメサンが喜んでいた。で、まだ時間があるので蔦屋書店まで場所を確認に行くと、その前で佐藤ゆかりが街頭演説していた。そうかここが選挙区だったのか。で、聞いているのだけど、下手だな演説。言葉が頭に入ってこない。ふわふわしたことしか言ってないから聞いていても飽きるんだわ。ポジションで言ってるんじゃないよ。よその選挙区だし。あげく応援弁士が青山繁晴だったりして。それで中国ディスの演説とかするのヤバいやろ。で一通り聴くともう待ち合わせの時間。まず店に入ってみると高橋さんの本と私の本が大量に積んである。うわー、私のも置いてもらって嬉しいわー。ということで写真撮ってうれしがってツイートして、裏手の従業員口に回って待っているとハセガワさんが登場。ここでヨメサンは離脱して、蔦屋の人が現れて中に入れてもらう。その蔦屋の人にさっきのツイートのことを早速話題にされる。速い!で、まずは会場を見せてもらって、巨大な本棚ディスプレイの前にセットされた舞台に圧倒される。うわー、こんなかっこいいところでやるのかあ。おしゃれすぎる。と、FM802の番組に出ていた高橋さんとアライさん登場。はじめましてー。ずっとツイッターでやりとりしてて、もうすっかりお友達の気持ちだけど、いざ会うとやっぱり恥ずかしいの人見知りのオレ。で、少しだけセッティングの打ち合わせをしてから、最上階のカフェに連れて行ってもらって打ち合わせというか出待ちの時間。ここであんまり喋ると本番で困るから極力当たり障りのないことを話す。で、高橋さんの漬けた梅干しもらっちゃう。うれしー。全国のチャットモンチーファンの皆さん、ごめんなさい。お返しに昨日収穫した柿を、高橋さんに送ることにする。柿好きだと聞いていたので。今日持ってきても良かったんだけど、明日も一日収録とか本屋周りとかあると聞いたので荷物になっちゃいけないからね。で、いよいよ本番。お客さんが少ないと懸念されていたけど、蓋を開けてみれば満席。万歳。朝にラジオで告知したのも聞いたらしい。良かった良かった。で、高橋さんが私にいきもの話の質問をしようとするところを押しとどめて、耕す話をたくさんする。後からヨメサンに「もっと高橋さんに振らなきゃいけないじゃないか」と怒られたんだけど、オレ振ったつもりだったんだよ。聞いてくれていた三島さんにも、完璧なバランスだったって言ってもらったしさ。確かに、本の内容についてはあんまり喋らず、二人の耕し生活を話したんだけど、蔦屋の人はフリーに話すのが一番だって言ってたし、それこそが高橋さんも私も伝えたいことだったんじゃないかな。で、終わってサイン会。当然私は暇なので、高橋さんがせっせとサインする横でおしゃべり。そして、、、今日は打ち上げだ!ビバ緊急事態宣言解除!!高橋さん私に三島さんハセガワさんアライさん、ヨメサンにデッチさんの7人でイタリアンなお店で3時間くらいかなー。本の衝撃のラストのことについて、ああいうことってみんな経験するんだけど、それをどうやって消化していくべきかについて、大岡さんの今昔物語集を読んで感じたことと結びつけて訴える。あの本は、耕す本の話でもあるんだけど、社会のあり方までグサリと捉えたすごい内容のものなんだ、ということを思うのよね。いや打ち上げではひたすら笑ってただけなんだけど。楽しかったー。で、もっと早く帰ってくると思ってたから、帰りに晩ご飯になるものを子供に買ってくると言ってたんだけど、すっかり遅くなっちゃって、ゴメンナサイ。帰宅22時は申し訳なかったよ。でも楽しかったんだよ許して。

今年も実りの秋

ヨメサンは茨木に選挙応援に行くという。私と子供たちは実家で柿取りだ。実家は茨木の向こうだから、じゃあ一緒に車で出かけて途中で下ろそうかということに。なのに、ヨメサンが出発時間になってもお化粧してるもんで、出発が遅れ、今からだとギリギリつけるかどうかという状態に。いやさすがに国政選挙の活動の待ち合わせに遅れて行ったらあかんやろう、と、私はプリプリ怒って、シャーないからキリキリ走るか、と思ったのだけど、そしたらヨメサンが「こんなに雰囲気悪いんなら一緒に行くことない。電車で行くわ」と逆ギレして車を降りてった。それじゃあまるでオレが怒ったのが悪いみたいな言いようではないか。不当である。ちゃんと時間を守るように。ということで、せっかくの久しぶりの家族4人で車に乗る機会が失われたのよ。しゃーないから3人で1時間ほどドライブして途中でピザとパスタの昼食を食べて実家に。柿取りはもう背の高い子供二人がどんどんやってくれて、オレなんて後方で受け取る役割ですよ。もうすっかり裏方よ。しゃーない。で、途中休憩したら猛烈に眠くなって、ウトウトしている間に終わっちゃった。ので、帰ってくる。なんか今年の柿は例年よりなりが早くて、木の上でどんどん熟しちゃって、結構な数が落ちちゃってたんだけど、それでもそこそこの量が取れたのね。しかし最近収穫作業ばっかりね。

空間は有限

高橋久美子さん経由で、日曜日のトークイベントで現地に来るお客さんの現時点での数がちゃぶ台を囲めるほどであるということを知る。これはヤバイかも。いや私はお客の少ない舞台なんていくらでも経験があるので構わないのだけど、せっかく高橋さんと共演できるんだからそこは人がいてくれたほうがいいやん。ということでせっせと宣伝する。皆さん来てください。幸いオンラインの方はそれなりに集まっているようだけど、やっぱりせっかくライブでやるんだからねえ。とか言っていると、電話がかかってくる。すぐそこに迫っている某連載のことで特大のトラブル話。その結果、連載スケジュールに影響が出ることに。期間と回数が伸びて、一方、掲載の間隔が若干イレギュラーに。いや、電話とった瞬間の先方の様子から、一瞬「連載中止か?」と焦ったのでこれくらいなら全然問題なく、このトラブルは私は全く悪くないので、なんつうか、そんなことあるんだあ、で話の種にできるから面白かったりするくらいなんだけど、担当さんの焦る様子は、私があの立場だったらそうなるよなあ、と、同情すべきものでありましたよ。でも、誰でもミスはするからねー。

職業的使命

少し前に、「ラプチャー 破裂」という映画を知っているか?と聞かれたのである。知らなかったので、ググって予告編を見てみると、なんとクモ映画だった!これは見なきゃいけないじゃん、と思って調べてみるとアマプラで観れるらしい。で、幸いなことに、我が家は最近アマプラが見れるようになったのである。ということで、昨日の午前中に見たのであった。触肢の先に鋏角がついている、という話。で、教えてくれた人によると、予告編だけで良い、ということだったので、そういう心構えで見てみると、おっしゃる通り予告編だけで良い作品だったのだけど、それなりに楽しめたのが素敵。あのグジャグジャになるの、よく引き受けたなノオミラパス。しかし、プロメテウスのこともあるし、好きなんかもしれんな。クモ映画、という観点から見ると、クモを単なる怖いものの記号としてしか扱っていないので落第といえる。

老人性キレ

今日すべきことは13時からの授業。これはオンライン。16時半からの1時間弱の会議。これもオンライン。だけど18時10分からの会議が対面なのですよ。さて困った。最後の会議に出たら帰りはどう見ても19時30分は回る。私は今はそのくらいの時間帯には極力電車に乗らないようにしているわけで、じゃあ車で行くのかとなると、水曜日というのは教員が出てきている数が多いので、駐車場を確保するためには6時起きでなければならないのであるよ。たかが夕方の会議のためだけにそこまでするのはイヤだ。しかも午前中には何の用事もないのにだ。で、考えて、そうだ授業と夕方の会議の間には2時間あるんだから、そこでウチから大学に移動すれば良いんだということに気がつく。というわけで、何やってるんだろうねオレ。あげく、その対面の会議が変なんだよ。形式的に議事を進める会議だということを最初に確認したにも関わらず、内容についての疑義を呈しているんじゃないか?というような方向の発言が頻発して、いややっぱそれおかしいやろう筋が違うやろうと思った。幸い発言機会はなかったのだけど、口開いてたらどうなってたかなあ。

劇場落ち

この時期恒例の某誌の表紙写真を選ぶお仕事。すっかり忘れていて催促され慌てる。言い訳すると、一応構想はあったのね。だから催促されてもすぐに反応できてお願いのメールをさくっと書けたのよ。さらにモモの方でも一つ忘れてるのがあって催促され対応。もう最近いろいろ忘れすぎ。さすがの私も情報処理能力が飽和しつつあるようだ。それから今日はもう一件よくわからん気を使うメールを書く。さらに、某連載で割ときつめの書き直しを要求されたところをうんうん言いながら書き直して、さらに3本つけて送り返す。授業も一コマ。こう書いてみると生産性高いなオレ。どうでも良いけど、土曜日にディズニープラスで「ブラック・ウィドウ」を見たのである。毒親でも親、という話。なんか最近のマーベルっぽい重めのトーンの話かと思うじゃんよ。既に死ぬことがわかってるキャラの前日譚なんだし。けど、父ちゃんが出てくるたびに奇妙なユーモアが出てきて、レイチェル・ワイズもコメディっぽくやってるところもあって、変わったムードの作品になってた。結構好き。

大人一人の一年分

午前中は、授業用動画の吹き込み。前回に、系統樹を見て系統的な近さ遠さをどう判断するかという話をして、実際に形質情報から系統樹作って近いの遠いのを判定しましょう、という課題を出したらば、この段階で120人ほどの人が回答していて見事に正解者ゼロですよ。オレの説明が悪いのか、そもそも説明を聞いてないのか。仕方ないからもう一度丁寧に解説して、さらに同じ課題をやってもらうことにした。これで理解してもらえるでしょう。っていうか、別に理解してもらわなくても良いんだが。それよりオレは、話を聞く習慣を持ってもらいたいのよね。まあ良いや。午後は脱穀したもみを擦って玄米にする。地主さんが機械を持っているので使わせてもらうのね。で、私は去年はこの作業をやっていないので、ヨメサンがすぐ終わるというのを信じて行ったのだけど、見事に午後のほとんどを使ってしまった。その後玉ねぎの土づくりにも行かなきゃいけなかったし誤算だったわ。ともかく、玄米にして60kgが収穫できました。1俵。なんか一人前になった気がする。去年が1畝で30kgで、今年が田んぼ面積6割増で収穫倍増だから、上手になっている。満足。